カラーベストコロニアル 屋根塗装

施工時にきれいだった屋根も経年劣化(10年~)と共に苔だらけ等になってしまいます。まずは高圧洗浄できれいに洗いおとします。

乾燥後、デッキブラシで残りのごみ、ほこりを落としトタン部分を布ペーパー等でこすりさびを落としてからさび止めを塗布します。

さび止め乾燥後、コロニアルにシーラーを塗布開始です。

シーラー乾燥後、タスペーサー挿入作業をします。塗装完了後の結露や屋根下地の腐敗、雨漏り防止になるため当店ではコロニアル塗装において最重要事項だと思っております。

タスペーサー挿入後、中塗りです。

中塗り完了の次の日上塗りです。

仕上がりです。